ブログトップ

Samosa wala Timoke

インド人仕込みのベジサモサ屋 サモサの出店販売、ベジ料理のケータリングなど、お問い合わせはtidaaaaa△gmail.comまで   日々のつぶやきはinstagram,facebookページにて


by moooo_oooon
プロフィールを見る
画像一覧

それでも、木を植える

深夜のテレビ
限界集落と呼ばれ高齢者しかいない山里に暮らすおばあちゃんの話
30年も前から花桃の苗を植え続けている
どんなに身体が老い、村が老いても
桃の並木道をつくることを生き甲斐としている

50年後には自然消滅してしまうという限界集落
人がいなくなればその土地は枯れてしまう
農とともに生きてきた先人の知恵や暮らしも消えてしまう

“ 年々歳々 花同じうして 人同じからず ”
人は変わってしまうけど花は毎年変わらず咲いてくれる
おばあちゃんはこの言葉のもと
明日死んでしまおうとも木を植える

先へ進む事ばかりのこの時代に取り残されてしまう人がいる
でも人間本来の心を失ってはいけない

ただきれいな花を見たくて木を植える


おばあちゃんの花桃が満開になった時
あまりに美しすぎて涙がでた
誰だってきれいな花を見たら、単純に感動するのだから


私の愛する星野道夫の言葉

「ある懐かしいにおいを持つ人々が少しずつ舞台から退場してゆく。
 少し急がなければならない。
 その時代を生きた人々の声で、たくさんの古い物語を聞いておかなければならない」

確実に時は過ぎ、時代が変わっていく
だからこそ今聞いておかなければいけない
今を逃したらもう二度と出会えない
そこにあったことさえ忘れ去られてしまう

会いにいこうと思った
大切な声を聞きに
Commented by at 2008-12-11 19:19 x
ビリーブ フラワー
花を信じなさい
神より
Commented by moooo_oooon at 2008-12-13 22:58
女性にもロマンを持った人がいたよ。
私の目指すおばあちゃん像です!
by moooo_oooon | 2008-12-11 01:07 | | Comments(2)